2017-8-14 ためになる話


アドラー心理学の基本概念である
「認知論」「目的論」「ライフスタイル論」を学ぶ事で、

人の幸福や人生はもっとシンプルに考える事が出来て、

人生とは複雑なものなのだという常識を打ち破ります。

「認知論」
私達、人間の世界に「客観的」な世界などはなく、

全ての人は主観を通してしか世界を見る事はできないと言います。

「目的論」
人生は過去の出来事に支配されているという「原因論」は誤りで、

人間は現在の目的によって過去をねつ造する生き物です、

自分の目的を自覚しその目的変え、過去の意味づけを変える事で、

人生を変える事が出来ると言います。

「ライフスタイル論」
人の性格を変えることは困難か不可能だと認識している人は少なくないですが、

アドラーは性格そのものを柔軟なものと捉え、

いつでも選び直す事が出来ると考えるべきだと言います。
アドラー心理学は、いつでも「今、この瞬間から人は変わる事ができるのだ!」と言う、

ポジティブな思想が根幹にあります。

コメントは受け付けていません。