2017-7-2 衝撃

社会福祉が発達していなかった時代、身体障害者は避けられ、


迫害を受けることさえありました。


19世紀後半から20世紀初頭にかけてのアメリカやヨーロッパでは、


人とは違う容姿を持った障害者の中には、


サイドショー(見世物小屋)やサーカスの芸人として


生計を立てていた人々がいました。


それが職を得られる数少ない機会であり、


生活手段でもあったのです。

コメントは受け付けていません。