ヤンキー感動話!障害を持った弟を助けてくれたあのヤンキーの涙腺崩壊の泣ける実話

私の弟は28歳で亡くなりました。

脳疾患持ちで、合併症により

15歳まで生きられない

20歳まで生きられれば幸いと
医者からは言われていました。

よくぞ28歳まで生きたものです。

弟が小学5年生のとき

無理を言って普通学級に

編入させてもらったときのこと。

弟にケイタ君という友だちができました。

家庭に事情のあるケイタ君は

5年生ですでにゲームセンターに入りびたり

タバコを吸うような早熟な不良でした。

コメントは受け付けていません。