ロケットの科学者で、勉植松は彼の業績への旅の大胆な話を誘惑します。
この講演は、TEDカンファレンスとは独立したローカルTEDxイベントで行われました。この話では、カムミのロケット科学者、上松努は、彼の業績への旅の大胆な話を誘います。感情、笑い声、叫びがいっぱいで、彼は人間的に科学を探求しています。植松は、幼少時から宇宙に魅了されてきました。大学で流体力学を学び、名古屋の航空機設計会社に入社しました。1994年、北海道に戻り、父親である上松清氏が運営する植松電器株式会社に入社。産業廃棄物から鉄を除去して選別するための電磁石を開発、製造しています。10年後、北海道大学大学院のCamui Rocket研究員永田教授との出会いは、ロケット研究の全面的な支持を彼の宇宙愛で約束すると約束した。その後、ロケット開発、微小重力実験、宇宙のような無重力環境の創出、「小型衛星の開発」、「アメリカの民間宇宙開発との共同プロジェクト」の4つの研究プロジェクトに貢献してきました企業。彼の主な業績は、人工衛星「HIT-SAT」の研究と打ち上げ、Camui Rocket(高度3,500m)の打ち上げ、JAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同打ち上げ、ARCのスタートアッププロジェクトなどに参加しました。2012年には、Camui Rocket 500pの実験打ち上げで7,400メートルの高度を達成しました。


「僕は、人の可能性が奪われない社会になったらいいと思います。

残念ながら、「どーせ夢なんてあったって食えない」

「どーせいじめも戦争もなくならない」とあきらめてしまっている人もいます。

でも、「なくならないから、なくす努力をやめる」では、

それこそ、なにも変わらないと思います。

僕は「どーせ無理」と言う人を減らしたいとは思いません。

その人達も、その考えに至った理由が必ずあります。

もしかしたら誰かに「どーせ無理」で自信や可能性を

奪われた人かもしれません。

だから、「どーせ無理」に、負けない人を増やしたいです。

この動画が、「どーせ無理」に負けそうになっている人の、

少しでも支えになると、うれしいです。


コメントは受け付けていません。