キリルはカザフスタンの孤児院で育ちました。

院の職員たちは、彼に里親家庭が見つかるチャンスはかなり低いものと考えていたそうです。

キリルには生まれつき右手がなく、特にカザフスタンでは障害を持つ子供を養子に希望する人は

少ないのが現状なのです。

キリルが生後20日目に両親に捨てられてしまったのも、この障害が理由でした。

他の子供たちが引き取られていくなか、自分に家族が見つかならい理由をキリルは

幼いながらに理解していました。

 

コメントは受け付けていません。