2018-5-13 感動実話


高校の時、 母親が病気で七くなった。

父は弱い人だったのだと思う。

苦しむ母親から目をそらして、 母親が七くなると 家を出ていった。

「高校卒業までは面倒をみる。 その後は自力で暮らしてくれ」

受験も追い込みに入る 3年生の秋、

わたしはこうして 独り暮らしを 始めることになった。

コメントは受け付けていません。