「泣けるほど感動」 犬達が飼い主の命を助けた時の瞬間

 

犬はご主人を助けるために、いつも自分の命をかける覚悟がある。

 

絶対に変わることなくあなたを見つめ続け、 決して裏切らず、

恩を忘れない、誠実な友。

 

それは、あなたの犬なのです。

 

あなたの犬は、富める時も貧しき時も、

病める時も健やかなる時も、 いつもあなたに寄り添っています。

 

冷たい風がふきすさび、雪が降りしきる日でも、

あなたがとなりにいさえすれば、冷たい土の上で眠ります。

 

与える食べ物が何一つない手をさしのべても、その手に接吻し、

世間の荒波にもまれて傷ついたあなたの心と体をやさしくなめます。

 

貧しいあなたの眠りを、まるで王子の護衛のように守り、

全ての友があなたを見捨てたとしても、そこに残ります。

 

富や名声をすべて失っても、日が沈みまた昇るのと同じように、

変わる事なくあなたを愛しています。

 

たとえ運命によって、全ての友をなくし、道端に住むことになっても、

忠実なあなたの犬は、となりにいて、 あなたを守ること以外、何も望まないでしょう。

 

そして全てが終わり、死がやってきて、 あなたが冷たい土の中に葬られ、

全ての人々が去った後も、 あなたの犬は、前足の間に頭をうずめ、

そこにとどまり、 悲しみにくれた目を大きく見開いて、墓を守り、

自らが死を迎えるまで、あなたに誠実で真実でありつづけるのです。

 

 

コメントは受け付けていません。